知覚過敏の仕組み

清見台いしい歯科

0438-97-7090

〒292-0041 木更津市清見台東3-1-7

営業時間:平日 9:30~13:00/14:30~19:00 土日 9:30~14:30
定休日:水曜・祝日

知覚過敏の仕組み

2020/01/20 知覚過敏の仕組み

 

 

こんにちは。

今回は、知覚過敏の仕組みについてお話しします。

 

虫歯が無く、歯茎も特別トラブルらしきものは感じないのに、熱いものや冷たいものを

食べたり飲んだりした時、あるいは歯を磨いている時や口をすすぐ時に

痛みを感じるのは、「知覚過敏」かもしれません。

 

 

「知覚過敏」は略称で正式には「象牙質知覚過敏症」と呼ばれます。

歯の表面は、人体の中で最も硬い組織の「エナメル質」で覆われていますが、

様々な原因によって、エナメル質が剥がれたり、歯茎が下がってエナメル質の内部にある

「象牙質」が露出することがあります。

その状態で冷たいものを食べたり飲んだりすると、象牙質に 小さく空いている穴(象牙細管)を通じて

歯の神経(歯髄神経)に直接刺激が伝わり、瞬間的な刺激を感じてしまいます。

さらに歯の根元の象牙質は、欠けやすい「セメント質」で覆われています。

歯根部分が露出すると、セメント質は刺激を受けやすく、しみたり痛むようになります。

 

 

次回は、知覚過敏の原因についてお話しします。

 

 

清見台いしい歯科

電話番号 0438-97-7090
住所 〒292-0041 木更津市清見台東3-1-7
営業時間 平日 9:30~13:00/14:30~19:00 土日 9:30~14:30 ※最終受付時間は終了時間の30分前です。
定休日 水曜・祝日 ※祝日のある週の水曜日は診療いたします。

TOP